大人ニキビと青春ニキビ|同じニキビだけどここが違う。

若いころは何をしてもニキビができてしまい、なかなか改善しないという経験をする人が多いようですが、思春期ということもあり見た目を気にする年頃なので人の目が気になりますよね!

青春のシンボルとも言われていて思春期から出始めてある程度成長が止まると自然にニキビもできにくくなるようです。

10代後半から出始める思春期のニキビは成長ホルモンの影響が大きいようで、皮脂が過剰に分泌されるのできれいに洗ってもすぐに脂っぽい肌になってしまう人が多いようです。

過剰に脂が出ると毛穴が詰まってしまい、ニキビの原因になるアクネ菌が繁殖しやすい状態になるようです。

思春期に出るニキビは気になって必要以上にごしごしと洗ってしまう人が多く、それが原因で改善しにくいこともあるので、優しく洗って刺激しないことが大切なのです。

同じニキビでも大人ニキビは吹き出物という表現をすることも多いようで、若いころのニキビとは少し違うようです。

大人ニキビの原因は生活習慣や食生活、ホルモンバランスやストレスなどによって肌が不安定な状態になることで起こることが多いようです。

肌は一定の周期でターンオーバーという古い角質が剥がれ落ちることを繰り返しているのですが、肌が不安定になるとそれが滞ってニキビが出来やすくなるようです。

大人のニキビは同じ場所にずっとできる特徴があり、一度治ってもまた繰り返したり、悪化すると痕が残ってしまうことがあるので気を付けたほうが良いようです。

不規則な生活を続けている人やストレスを抱えている人は、おでこや顎にニキビが出来やすくひどい場合は皮膚科に通っている人もいるようですが、女性の場合はメイクによって悪化することも多いため、なかなか治らないようです。

また、生理前やホルモンバランスが悪い人などは口の周りにニキビが出来やすいと言われていて、大人ニキビはできる場所によって体の不調箇所が分かる場合もあります。

どちらのニキビも肌を清潔に保つことが一番大切で、食生活や生活習慣を見直すことも大切なのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です